【あらすじ】堕天作戦 2巻 天獄囚徒 Part1

あらすじ

2巻冒頭より、新章突入です 😀 

スポンサーリンク

戴天党の隊列

ルビーに用件を伝えたシバイスパノに別の伝令にいく途中に戴天党の隊列と出会います。

シバの事を「同志」と呼ぶ魔人の女性は、樹海が広がったので魔人の数名が不調だと伝えます。

シバは戴天党の半分は魔人だからと、拡散している樹海の処理を総裁に依頼するようです。

樹海の不死者

樹海の奥深くで蟲に襲われながらも、蟲を鉈で切断して食べている女性がいます。

女性の体は蟲に捕食されながらも、女性の体からはアンダーと同じくツタのようなものが発生して傷が回復しているようです。

イスパノ戴天党拠地にて

イスパノに到着したシバをナイトワットケレスが出迎えます。

人魔宥和のために派遣された人間の人払をして情勢の確認と戦略を話し合います。

ダルガパルとハイデラバードが一触即発状態であること。(戴天党はルビーの暴走でダルガパル・クメル両軍を敵に回してしまっています。)

ハイデラバードはメイミョー技師団と接触を図っているらしいこと。

戴天党もメイミョーとはコネクションがあるのでダルガパルとハイデラバードの衝突を伸ばすことくだいは出来そうであること。

そして不死者が出たこと。



シバは派遣された人間(ロドリゲス・トッキー・エマソン)たちと共に

目撃したクメル兵と面談した後、不死者を探しにいきます。

不死者の特徴が特徴が「長髪」「ドクロ」「全裸」だったので

該当本人のアンダーとすれ違うものの気づきません。

アンダー



シバとニアミスしていたアンダーはイスパノの串焼き屋で串焼きを食べています。

人間と魔人が仲良くしている街の様子にびっくりしています。

食事の代金を払おうとして足りないため、アンダーは串焼き屋で働く事になります。

ロドリゲスとトッキーの会話を耳にして、不死者の探索がされていることを知ります。

シバと不死者の出会い

エマソンは心あたりがあると言っていましたが、本物の不死者と遭遇します。

体のあちこちにナイフを刺した、アンダーとは別のナイフまみれの不死者がシバとエマソンの前に現れます。

シバはまずナイフの不死者を戴天党に誘いますが、不死者は交渉する気はないようで戴天党そのものをよこせと難題を持ちかけ、エマソンに攻撃します。

それを見たシバは「次元開転」と言ってミラーボールのような球を作り出します。

ナイフの不死者とシバが臨戦態勢になったところで終わります。

 

 

堕天作戦2巻も紙の本は売り切れですが、電子書籍はご購入いただけます。

堕天作戦 2
“不死者”を追う戴天党幹部であり次元魔法の使い手、シバ。辺境の地に隠れ住む新たな女不死者、ゾフィア。星の秘密を求め旅する中で、ゾフィアに出会うアンダー。そして明かされる、先史時代より始まる因果『堕天作戦』。不死は人に何をもたらすのか――死は人に何をもたらすのか――

コメント

タイトルとURLをコピーしました