【感想】堕天作戦 1巻 竜姫活殺 Part3

感想

竜姫活殺Part3の表紙はギンカ隊の年長組のメンバーがタバコをくるらせている絵です。この表紙が一番好きです。ギンカ隊の女の子たちは絵になりますね〜

さて、本編ですが、ギンカ隊の女の子たちが好きだったので、アンダーと戦わなくってよかったです。

最初にナルコが交渉してくれてよかった!

普段軽口たたいているけど冷静に観察していますね。

ナルコはレコベルと同じく幼体成熟ですが、

マンガワンのコメントでどなたかが言っていましたが、

幼体成熟は黒目の部分が丸くて人みたいだからあまり違和感がないんですよね。(他の魔人は点々だったり羊みたいだったり。小さくて可愛らしいです。)

拘束されていた時のシュロはアンダーに何か仕掛けようとしていましたが、 シュロの手袋が破けているのを見ると禁忌術発動しようとしてたんですね。

禁忌術はとっておきの魔法といったところなんでしょうか?

ディージーの涙がきっかけかアンダーとギンカ隊(シュロ除く)は結構意気投合



シュロは「なんで食ってんだよ?」と年長のギンカにも容赦ないツッコミをします。

ギンカは「怪蟲を処分しなくてすんだわ」と現実的ですね。



サウジーネは夫と子供がいるらしく、メンバーの中では一番所帯染みています(失礼)

アンダーに裁縫を「魔法だね」と言われて少し嬉しそう??

サウジーネは柿怪蟲の古酒をもらい、ナルコは帽子をもらい、ディジーは干しエビをもらいましたが、

エビはレコベルを釣るように仕入れたのかな??



この時の会話のエピソードがちょいたしに収録されていますね。

柿怪蟲を作るバイトをした時のディジーの話で、エビTシャツを着たレコベルが登場しますが、

ディジーがレコベルの名前は知らなかったので、この話と交差することはありませんでした。



ギンカは廃屋を出て外にいるシュロをねぎらいます。



堅物シュロが雰囲気に馴染めないでいるのをギンカは見抜いて歩哨させてたのでしょか?部下をよく見てるいい上官ですね〜(うらやましい)

ルビーとカトラスにクメル軍が攻撃されたために、生き残りがギンカ隊の近くに野営しにきたんですね。ルビーの思いつきの行動がこんな形でギンカ隊に影響してくるんですね。



クメル軍に奇襲をかける事となり、柿怪蟲の古酒は「(クメルとの戦闘から)戻ったらみんなで開けよう」とサウジーネが置いていきます。

無事に戻ることへのゲン担ぎでしょうか。



ラストシーンは6人の後ろ姿なんですが、アルマゲドンの主題歌

don’t Want to Miss a Thing’が頭に流れます。

アルマゲドン 主題歌



全員無事に戻ることはありえないというフラグが半端ないです 😥 



敵(クメル兵)はカトラスの奇襲を生き残ったぐらいなので、

ギンカ隊レベルの実力がありそうですよね。

 

堕天作戦1巻は紙版コミックは売り切れ状態ですが、

電子書籍はご購入いただけます。

堕天作戦 1巻 山本章一 - 小学館eコミックストア 公式配信
魔人と旧人類の永きに渡る戦火の中、 魔軍の捕虜として捉えられた男がいた。 その男の名はアンダー。 歴史上15人しか確認されていない不死者だった。 ありとあらゆる拷問、処刑を受けるも数日後には 再生するアンダーに業を煮やした業火卿ピロは、 戯れに彼を気球で空の彼方に飛ばす処刑を思いつく――

コメント

タイトルとURLをコピーしました